カテゴリ:ゲーム( 7 )

 

どうしちゃったDOA5



公式サイトに去年のゲームショーでのデモとか色々公開されていますが
…チームニンジャなのに、キャラクターの顔がすっかりコーエー顔になってるよ。
年末年始はゲーム情報どころではなかったので、すっかり後追い状態ですが、これにはビックリしました。
画像は、ヒトミちゃん(独)とアヤネちゃん(日) ヒトミがすっかりドイツ人の顔ですわ。
いや、ドイツ娘なんだからむしろこの方が自然なんだろうけど。アヤネも、カスミもすっかりリアルにモデルチェンジしております。
…なんかバーチャルなヒトも出てるし、なんだかな。九月を待つしかないなぁ。

追記)
どうやら、より自然に、筋肉美やら肌の質感、転がったら汚れも着く、そういった仕様を追求したようです。
確かに自然だわ。カスミはともかく、アヤネはすっかり立派な由美かおるになってるなぁ。
若い頃の由美さんね。
[PR]

by denjiroo | 2012-03-17 23:05 | ゲーム  

息子のギャグセンス~あつまれ!ピニャータ

「お母さん、XBOX代わってよ!僕はこれから山田養蜂場を作るんだから!」
その日、私はしぶしぶXBOX360を息子に明け渡しました。

秋葉原でXBOX360プラチナコレクションの「あつまれ!ピニャータ」を買ってもらった息子は
いくつもガーデンと呼ばれるセーブデータを作ってそれぞれに特色あるピニャータを集めています。
ピニャータというのはメキシコのパーティ向けに作られたお菓子の入った紙の人形です。
ゲーム中にはさまざまな動物のピニャータがやってきて、それぞれの好みに手入れされたガーデンに住み着きます。耕せばミミズの「ワールム」が。それを目当てに鳥の「スパローミント」が。花があればハエの「タフライ」や蜂の「バズルガム」が。

門さんがその日作ったガーデンでは蜂のピニャータ「バズルガム」が大量に繁殖され、蜂蜜を作っていました。
小学生の時点では「山田養蜂場」なんて言葉を発することもなかったのになぁ。
次は羊のピニャータを集めてマザー牧場でも作るんでしょうか。
最近は勉強につき合ってあげようと思えるほどに、まじめに机に向かうようになってきたので、あまりゲームをやる時間はないのだけれど。
[PR]

by denjiroo | 2009-05-29 12:02 | ゲーム  

死の赤いリング

またもや出てしまいましたよ。XBOX360の死の赤いリング。
去年もそれでうちの箱入り娘ちゃんは修理工場行きになったのでした。
病弱な360ちゃんもこれで無事、健康な娘に…と思っていたのに。
残念な事に、病は完治していなかったのでした。

検索してみたら同じような事例が結構あるらしいのです。
修理に出したのに、また赤リング発生という事態が。
なんだかなぁ。初代の箱君はアレだけ傷がつくの何のとヤイヤイいわれながらも
いまだ壊れもせず、ソフトを駄目にすることもなく現役なのに。
360ちゃんは病弱なのは色白だから?箱君が丈夫なのはたくましく日焼けをしているから?
360ちゃんだとソフトが駄目になるケースが発生したのは、病弱ゆえについ傷つけるような発言をしてしまうからなのかしら?
だからってニューザック島に行けなくなるようにしちゃうのはやりすぎじゃないかしら。

ちなみにXBOX360ユーザではない方のために補足いたしますと、360は電源スイッチの周りに状態によって光るリングがあります。クワドラントという名前がついております。リングは四分割されており、状態によってそのリングは光り方が変わります。
通常は緑色なのですが、赤い色に光る事もあり、その赤状態でも四本のうち、どれが光っているかによって、異常の種類が判別できるようになっています。
工場送りになる、通常「死の赤いリング」とよばれているものは、リングライトが赤く光り、横置きにしたときに、右上に見える場所だけが欠けている状態を意味します。
この状態では自分ではどうにも対処できないので、即、工場送りとなります。
購入時に入っていた箱が必要になりますので、安くなったし、これから360を買おうという方は箱は捨てずにとって置いてください。

これを書きつつ、サポートページ読んでいたんですが、なんか前回とちょっと様子が違うっぽい。電源を入れると電源の方のライトが、正常を示す緑になってる!前回は赤だった気が。
サポセンに電話するしかないか。
[PR]

by denjiroo | 2008-09-11 15:44 | ゲーム  

ポーション

まずいと評判のポーションですが、先日、近所の東急ストアにも売っていたので早速買いました。まずいと評判になるものはついつい試してみたくなる、そんな傾向があるヒトは結構いるはずです。特に、ドリンク類に関しては試さずにはいられない性分でして。
昔、とうとう一度もサスケを飲まないままに商品がなくなってしまった、あの思い出がまずいドリンクへの正の走行性を呼び起こすのかもしれません。

さて、ポーションですが、トラックバック先によるとハーブ系ということで期待感大。
早速FFXBOX用ベータ版を立ち上げながらIN!

わーい、おいしいよーっ!!

そうでした。私はハーブとかアジア系のスパイスとか(こぶみかん、レモングラス、パクチーなど)好んで食すタイプなので、まったく気にならないどころかHP満タンになったであります。まあ、でも通常版なので飲んだらビンはすぐに捨ててしまいましたが。


ちなみに今までで一番まずかったのはジャッキーには悪いけど暴暴茶。次にウィズユースイカソーダ(part1) まずいけど癖になってやめられないのがドクターペッパー。
[PR]

by denjiroo | 2006-03-17 10:07 | ゲーム  

TOKYOゲームショー

すがすがしい秋晴れに恵まれた秋の東京ゲームショー。
多くのゲームファンが詰め込まれた京葉線に乗って、幕張メッセに久しぶりに行きました。
b0001619_22222979.jpg
実はゲームショーに行くのは生まれて初めてです。
お目当ては二つ。XBOX360とATLUSのデビルサマナーの新作。
で、
結果を先に書いちゃうと、デビルサマナーは期待はずれだった。
覗き込んだ感じだと、動きとかロードの速さとかいい感じだったが残念なことに実際の操作性は確認できなかった(まあ、遊びやすいんだろうけど)
ただ、絵がね…。綺麗になりすぎちゃって、能面みたいなのよ。人間が人間臭くないというか、人の匂いがしなくなってるんですね。もうね、人間は他の人に任せて、金子大先生は悪魔絵師だけで活躍したほうがいいんじゃないかな?メガテンNINEがそういうつくりだったけど。
デビルサマナー十周年ということで、初代デビルサマナーもPSP移植だそうだけど、そもそも、私がデビルサマナーをプレイしたくなったのは、あの、キョウジのかっこよさとファニー感の共存するルックスが気に入ったからなんで。正統派女神転生からではなくデビルサマナーという傍系の作品のファンであるがゆえに、未だに女神転生の本流には手をつけていないし、NINEですら、違和感を感じる身としては、もうちょっと主人公を人間臭く、そしてメガテンらしからぬ風貌にして欲しかった。

XBOX360ブースは、それなりの人だかり。
フレームシティが!DOA4が!あれが、これが!クリスティが!車デンジャーが!

が、PS3のほうもスネークががんばっていたのだった。こっちもすごいや。スネークが。
「こちら、スネーク。東京ゲームショーに潜入した。指令をたのむ。」ではないけれど。

ゲームがどんどん、リアルになってきて、現実の映像かと見まがうほどになってきた。
これから生まれる子供は生まれながらにして、身の回りにリアルなゲームが存在することになる。

会場の一番はじに設営されたステージではCEROが、今後、子供はゲームとどう付き合っていけばよいのか、というシンポジウムをおこなっていたのだった。
なんとなく薦められるままにステージ前のベンチに座り、各パネラーの講演を聞いていたのだが、これが今回の一番の収穫だった。

上記したように、子供は生まれながらにして、身近にゲーム機やPCが存在する時代なのである。ゲームとうまく付き合っていくにはどうすればよいか。
一つは時間を決めること。もう一つは、ゲーム世界に飲み込まれるのではなく、クリエイターは何を意図して、何を伝えたくてこのゲームを作ったのか、と考える余裕をもてるようになること。
そして、一番大事なのは、親はゲームをやらせっぱなしにしておくのではなく、そのゲームがどんなものか知り、場合によってはそのゲーム内容について親子で話し合う機会が常にあるようにすること。
とまあ、簡単にまとめるとこんな感じの内容だった。

CEROとは、ゲームのレーティングをする機関である。実際にレーティングを審査するのはゲーム業界の人や教育の専門家ではなく、一般公募された人たちだそうだ。
興味のある方は応募してみてはいかがだろうか。

最後になるが、もう一つ、興味を惹いたのは各専門学校の出した作品だった。操作性に問題があったり、どこかで見たようなゲームだったり、複雑すぎたり。でも、それぞれの創意工夫が凝らされていて、なんだか、頼もしく見えたのだった。がんばれ!若人。
[PR]

by denjiroo | 2005-09-19 22:22 | ゲーム  

東京ゲームショー

この前、なんとなく、ゲームショーに一度くらい行ってみたいなーと口にしたら。

なんか、本当に行けそうな感じです。突然、招待券がもらえることになりました。
前日まで油断は出来ませんが。

いけたら、簡単にでも、レポートにしようかと思っています。
[PR]

by denjiroo | 2005-09-07 14:29 | ゲーム  

デビルサマナー

アトラスがデビルサマナーの続編をついに出してくれることになりました。
といっても、もうすでに七月には公式サイトがオープンしてました。

今度の舞台は大正時代。主人公は葛葉ライドウ…17歳
またしても
好きなゲームの続編の主人公は軒並み低年齢化であります。
サクラ大戦5も青年っていうより少年に近い容貌だし、なんですかね、時代の流れですかね。
まあ、もっとも、デビルサマナーソウルハッカーズもやっぱりティーンエイジャーでしたが。

しかも、PS2用。
うちはPS2無いです。年末には特売になるかという期待を…だめじゃん。
XBOX360が控えてる。

まあ、開発のTシャツ刑事”磯貝”さんが、大活躍しているのと、開発中の画面になつかしの”金王屋”の暖簾を発見したので、まあ、それで、いいかな。

最近、ゲームにはまる体力が落ちてますので。
[PR]

by denjiroo | 2005-09-02 21:08 | ゲーム