カテゴリ:本( 23 )

 

指輪

平成六年に結婚したので、今年で結婚18年目となる。
新婚早々、指が細くなった夫は満員電車の中で結婚指輪を落としてしまい、現在に至るまで指輪はしていない。
時々、節目節目で「結婚指輪を」とは口にしてみるものの、結局、新しいものを購入するにはいたっていない。
先日、港北東急に結芽子と行くけれど、何か買ってくるものある?と聞かれたので思わず「新しい結婚指輪」
と言ってしまったのだが、ちょっと嫌味だったろうか。
だからという訳でもないのだが、先日「ソロモンの指環」をアマゾンで注文した。
息子の第一志望の学校の国語の問題でこれが問題として使われていたのだ。
はずかしながら、ローレンツ博士の著作物は40を過ぎてから動物行動学の一巻を読んだくらいで、もっとも有名だと思われるこれは、まったくの未読だった。
出荷しました、のお知らせが今日来たので今夜か明日には届くだろう。楽しみだ。
もっともすぐに目を通して息子に渡さないといけないのだが。ラノベは消費していても、この手の本は読みつけてないから読解問題に苦手意識が生じるのじゃないだろうか。受験まで一ヶ月しかないが、一ヶ月もあると考え、やらないよりやったほうがマシと思うしかない。
日高敏隆氏の訳はすんなりと受け入れやすいと思う。

…思い出した。門さんに、本川達雄先生の本、もっていかれたままだった。アレが読めるんだからソロモンの指環も大丈夫だろう。


※追記:結婚15年目の時には、指輪よりも欲しいからという理由で、植木の剪定用に使う梯子を買ってもらっています。結局、自分もそんなに指輪が欲しい訳ではないんだよね。
[PR]

by denjiroo | 2012-01-10 17:36 |  

アリアドネの弾丸  異端の数ゼロ 死因不明社会

溝の口のノクティ内にある本屋の店頭で見かけて、小飼弾氏云々(推薦だったか絶賛だったか失念、帯は切れてどっかにいってしまった)という帯に吸い寄せられるように買ってしまった「異端の数 ゼロ」(ハヤカワ 数理を楽しむシリーズ)
ゆっくり時間をかけて読んでいるのだが、かつての「エピソード科学史」を読んでいる気分にさせられて、とても面白い。
西洋人はゼロとマイナスをなかなか受け入れられなかった、とかいう話を聞きかじってはいたのだけど、なかなかそれをまとめて学ぶ機会がなかったので、これはとてもいい機会だった。

「死因不明社会」(講談社 ブルーバックス)と「アリアドネの弾丸」はいずれも海堂尊氏で
死因不明社会の方はたまたま蒲田で見つけたので即購入。アリアドネの方は旗の台の本屋で。
先に買った死因不明社会より後のアリアドネの方が先に読み終わった。
…やっぱり白鳥さん、良いなぁ。私もロジカル・モンスターになれたら、いろいろと解決することもあるだろうに。
[PR]

by denjiroo | 2010-11-24 17:51 |  

動物行動学Ⅰ コンラート・ローレンツ

以前、図書館のリサイクル図書コーナーで手に入れたまま、放置していたローレンツ博士の動物行動学を先ほど開いてみた。

読みやすい。
持ってはきたものの、何となく開かなかったのは、やはり、どこか構えていた所があったためで
こんなに読みやすいとは想像していなかった。
訳者も良いのだろう

これは1977年のものだが、2005年に復刊されたらしいものは上巻だけで五千幾らしたので、図書館のリサイクルコーナーで見つけたのは儲けものだった。中身は変わらないし。
[PR]

by denjiroo | 2010-07-09 08:46 |  

「新書がベスト」を一気読み

小飼弾氏の「新書がベスト」
だいぶ前にアマゾンで実験用品と一緒に注文していたのですが
軽く入荷待ち状態で、ホウ酸より後に、やっと届きました。

読書のスピードが格段に落ちている昨今ですが、久々に一気読みしました。
奥付を見たら、入荷待ちになった理由もわかりました。

夫の人と、読書スタイルで色々と食い違う部分があって
結婚当初から何度も、速く読むのをたしなめられていたんですが、
この本のお陰で自分の読書スタイルに裏づけが取れたみたいでちょっと自信がつきました。

とはいえ、本文では、何冊も読んで、一つの要素に偏重しない読書スタイルを薦められているようなので
うっかり旦那さんに読ませると、これもまた一つの提言であって、そのまま素直に受け入れてはいけないのかもしれないよ、他の意見もあるかもよ、とか返されそうな気もするけど。
でも、気持ちよく読める読み方で読むのが一番だと思うんだけどなぁ。目の前で直に言い返せないへたれです。

難しそうなのは、同時に二冊読むところかな。

新書を選ぶ指針にもなって、とてもお買い得な本でした。
お勧め新書のうち、手元にあったのが、「ゾウの時間 ネズミの時間」だけで
あとは、手に取ったこともなければ、タイトルを知らないものも結構あったのですが
興味を引いたものが何冊もあったので、いずれ、手に入れたいと思います。
其処からの派生の仕方も目からウロコでした。40にして、さらに野望意欲が湧いてきました。
あと20年位は生きがいがもてそうですね。
[PR]

by denjiroo | 2010-07-04 23:51 |  

新年に本を購入

秋川帰省中に母から百貨店商品券を貰った。
母は足が悪い。使用できる百貨店は一番近くでも立川である。
使い道が無いのだ、という。八割はそんな理由ではないだろう。

ただ、私も、ついこの前までは、この百貨店共通券が苦手だった。
百貨店共通商品券は全国の加盟店で使えるものだが、百貨店でのお買い物というのはどうも苦手なのである。
以前、某T屋の二子玉川店でこれを使おうとしたら、使えない店舗があり、ただ使えなかったというだけでなく
かなり気まずく、嫌な気持ちにさせられた経験があるからである。
そもそも、百貨店に限らず、ショップ店員が苦手だ。自分も似たような仕事をする事があるにも関わらず、だ。
(ちなみに、職員室も未だに苦手だ。先生をしているのに。もうどうしようも無いね)
だいたい百貨店ってのは、服を買っても、食べ物を買っても高い事が多い。
ところが、蒲田(と立川)にある駅ビル「グランデュオ」ではこれが使えるのである。
基本的にはおしゃれで値段設定も高めなお店が大部分なのだが、ここにはユニクロや書店も入っている。

という訳で、以前から買いたくても我慢していた書籍をまとめ買いするために蒲田に行ってきた。
本日は一人なので気楽だ。あれこれと選びつつも、さすがに無制限に使うのももったいないので
吟味した結果がこれ。↓

移行措置部分が知りたいので、中学校学習指導要領の解説書。
読み終わったら息子に譲るつもりで中学理科参考書三冊。
娘に頼まれた「極上めちゃモテ委員長」10巻。
なぜか実家にあったはずなのに無くなっていたので「動物のお医者さん」(文庫版)をとりあえず1,2巻。
TVKでアニメの再放送が始まったのだが結末をすっかり忘れているので思い出すために「若草物語」。
若おかみは小学生の番外編。台湾編らしい。娘の集めていたこのシリーズを私も読んだらはまってしまった。
新刊コーナーにあった単行本「ザ・リンク」(リングではない。ミッシングリンクの化石の話)

これと地下の食品売り場でかったバームクーヘンにクッキー、野沢菜漬け。
外にでて、ユザワヤで娘のカバン用の生地をハギレで七枚。一枚57円というお値打ち。

久々に沢山の買い物をしたが、特に本をここまで沢山買ったのは本当に久しぶりだ。
元々、チマチマ集めるのが好きで大人買いとはあまり縁のない性格なのである。
漫画もまとめ買いが出来ない性質で、一度だけまとめ買いをしたことがあるのは「東京爆弾」だけだ。
動物のお医者さんもそうやってチマチマと学生時代に集めたはずなんだが、どうやら父親が物置に仕舞ったか、処分してしまったものと思われる。
最近、息子がコンビニ売りの猫漫画雑誌にはまっているので、これも読むんじゃないかと久々に出してみるつもりだったのだけど。ついでにデイモスの花嫁全巻も消失していたなぁ。

ちなみに今回探したけど見つからなかったものの一つが「デイモスの花嫁-最終章-」の一巻。
それとあしべゆうほ先生の原画集。
原画集は二日前に秋川の書店で見つけていた。けれど、どうせなら商品券で買おうと思って買い控えたのだが、これも蒲田では見つからず。

ネット買いが増えた事もあり、書店でウロウロしたのは久しぶりだったけど、書店でないと気が付かない本が色々あって楽しかった。無いものを探す体力が激減しているのは認めざるを得ないけど。
[PR]

by denjiroo | 2010-01-04 21:08 |  

シークレットアイテム

久しぶりにエンターブレインのHP見てたら、通販のページhttp://ebten.jp/でシークレットシューズなスニーカーを売ってた…。
なんで?

アルカディア謹製の生かしたTシャツはちょっと欲しいかもしれない。
何故か懐かしいテイストのデザインだし。筐体のコイン投入口とか。
[PR]

by denjiroo | 2009-09-18 21:50 |  

朝だ。雨だ。浅田飴だ。…だったっけ?

中学生の時、横田順彌氏のこのフレーズを読んで以来、忘れられない…
はずだったんですが、さっき検索してみたら、二通りあるんですよ。

一つは私が覚えているバージョン。
もう一つが「朝だ。雨が降っている。浅田飴だ。」というもので
どっちが本当なんだかわからないんですが、そもそも私も秋川の市立図書館で借りて読んだので
今、手元に現物がありません。
で、その出典は「オタマジャクシの叛乱」とのことで、作品タイトルすら忘れている始末。

ウィキペディアによると近年体調を崩しがちとの事で心配です。

余談ですが、移転する前の秋川図書館はちょっとマニアックな本がそろってたように思います。新しいところは中まで入ってないのでどうなっているのかわかりません。
そのラインナップがマニアックだと気付いたのは、他所の図書館には、サンリオSF文庫とかバタイユとか、幻想小説系の書籍類とかが必ずしも充実している訳ではない事を、別な土地に移住することで知ったからですね。

それ系を継続的にリクエストする人がいたんだな、多分。
ヨコジュンがそろってたので許す(何を?)
[PR]

by denjiroo | 2009-09-10 19:12 |  

書籍の捜索経過

小松左京のSFセミナー→本の間から無事発見
科学者の横顔→本棚の裏側から救出

てな訳で、探していた本はほぼ見つかったんだけれど
久しぶりに見た本棚を眺めていたらショックな事が。

墓場の鬼太郎一巻とみすてないでデイジーの一巻が見当たらない。
デイジーは確実に本棚に並べてあったのに…。
[PR]

by denjiroo | 2008-11-09 16:57 |  

整理整頓が出来ないので反省

さて、先日書いたように、昨日から、少しずつでも今まで趣味で集めたものをまとめようという計画を実行に移している。
ところが、目当ての本を探すのに一苦労。
まずは書籍類を大々的に整理整頓しないといけない事を思い知った。

社長というハンドルの夫はそんなことなどとっくに知っていたし、何度も片付けろといわれ続けていたのだけど。

頭の整理をするためにここに箇条書きで本をおおまかに分類してみよう。

1 科学関係の書籍→机となりの本棚へ
2 日経サイエンス三年分→一年だけ取っておいて後は処分
3 トレジャーストーン→現状維持
4 姑の残した書籍→ダンボールに戻す
5 姑が買っていたオレンジページ、今日の料理などの料理本→未定
6 自分で買った料理雑誌→未定
7 漫画雑誌(IKKIなど ビッグコミックは三ヶ月に一度の割合で処分)→捨てる
8 漫画の単行本→一箇所の本棚にまとめる
9 その他、趣味の書籍→8と同様
10 文庫本→文庫の本棚へ
11 洋裁雑誌(レディブティック ミセスのスタイルブック FEMALE ゴスロリ)→一部処分?

次にそれ以外の物
1 学校関係のプリント→終ったら捨てる
2 塾のプリント→1と同様
3 お店で取ってきたレシピ→ノートに張る
4 化粧品→使う分以外を処分。姑の思い出の品でも捨てる事
5 洋服→駄目になったらすぐに捨てる(リフォームはそのとき出来なければ何時まで経っても無理と心得る)
6 紙類→とにかくまとめる。散乱しているものを一箇所にまとめること
7 子供服→早くリサイクル店に持っていくこと 
8 漫画の道具→引き出しにしまうこと(故に引き出しの中のガラクタを何とかする)

まずこれをやらないと駄目らしい
 
[PR]

by denjiroo | 2008-11-06 10:22 |  

大岡山まで歩いて古書店を散策してみた

来年は39歳。
平均的な寿命を全うできるとしてあと40年。ほぼ折り返し地点まで来た事になる。
これまで、趣味や仕事で集めた本を元に、何年か前から暖めていた計画を実行に移す事にした。本来は、漫画にして持ち込むつもりだったのだけど、そうなると絵の資料集めが膨大になるため更に長い時間と費用がかかるので、まずは手近な所から初めてみることにした。
いくら頭の中でこねくり回していたって、形にならなきゃただの妄想だと思うので。

具体的な計画はというと、家にある科学者の評伝をまとめるという作業をするつもり。
中学の図書室で手に取ってからウン十年、やっと手に入れた「エピソード科学史」や、大学の授業で使った科学史の本、それに教員時代に参考にした本。
その後も趣味でちょこちょこ集めた本をあわせると少しばかり形になるかもしれない。

このところ、大岡山にあるヒルマというスーパーが気に入っているので、週に一回の割合で数十分かけて歩いて行っている。
大岡山には東工大があるので、周辺の古書店には当然、使わなくなった教科書が並んでいる。
先日、以前から気になっていた古書店を覗いてみた。
東工大は工業大学なので近所の古書店も当然のように機械とそれの周辺の学問の本が圧倒的に多いのだが、あそこの大学にはゾウの時間、ネズミの時間、で有名な、歌も歌っちゃうあの先生がいるせいか、生物系の本も結構あった。科学史関連も多数確認したけど、高いので様子見。
しかし、その古書店の大部分は仏教系の本だったのが謎。
昔、別な場所にあったのが、その後移転してきたのだろうか。
聞く気はなかったので未確認。

なおもう一軒、商店街の中にあるほうの古書店はドカベンスーパースターズ編が充実している。
こちらも要チェックだ。
[PR]

by denjiroo | 2008-11-04 16:44 |