「ほっ」と。キャンペーン

<   2004年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

HP更新

更新したいんだけどね、ネタがないのと、
体調崩れ気味なのと、
その他色々だ。

あと、今、風邪引いてて頭痛い
[PR]

by denjiroo | 2004-10-29 11:38 | 日記  

映画割引券

実家で、ある映画関連の会社の株を持っているので、劇場の割引券が半年に一度、六枚くる。
東宝の券とK町のRという劇場及び系列の浅草の劇場で使える券が三枚づつ、隔月で使えるようになっている。偶数月は東宝の券だ。
十月分がまだ使えずに残っている。今日、スクービードゥー2を見に行くとして、さて、どこの劇場に行くかな、と悩んでいるのだけど、交通の便がいいところはこの券が使えなかったりする。残念。
スクービー、、は子供たちが見たがっているのではずせない。今日はレディースディ割引で見るとして、明日かあさってに、一人で好きなものを見ようと思い、調べてみても、これといってめぼしい映画はあらず。あるとしたら「笑の大学」かな。でもね、、ちょっと二の足を踏む訳がある。
先日、とうとう、亭主がブログで祖父が古川ロッパ氏であると明かしてしまったから、私も臆せず書くことにするが、、、、。
亭主はなんとも思っていないようなのと、おそらく亡くなった義母も「もううちは永田なんだからいいのよ」と言うだろうし、そもそも義母は三谷ファンだったので、怒るはずも無いが
古川ロッパ氏の劇団が「笑の王国」なのに、なぜ、エノケン氏のカジノフォーリーをモデルにした映画のタイトルが「笑の大学」なのか、ロッパのロの字も出てこないのはどういうわけだ、となんともやりきれない気持になるのである。
とはいえ、これは外部由来の人間が感じるものだから怒る資格はないかもしれない。

でもまあ、そもそも亭主とめぐり合う前から演芸や古典落語、喜劇に興味があったわけだから、そういう個人的な事情は抜きにして、只券で見に行ってもいいかな、とはおもう。
十月一杯の券だし。
[PR]

by denjiroo | 2004-10-27 14:13 | 映画  

台風一過

台風が行った。が、また来るらしい。
台風一過のかんかんでりも、バセドー氏病患者にはきついものがあるが、
そのとおりに天候がならないのも、恐ろしい。

で、もう次が来てるんですと。

フザケルナ!ソコニスワレ!カイシャノタメニ ヤリマシタ!

これがわかる人は、古いコサキンリスナーな方。
[PR]

by denjiroo | 2004-10-21 18:49 | 日記  

へーちゃん黄門来たーーー

そのまんま黙殺されるか?と危惧していた「石坂浩二版水戸黄門」の再放送が始まりましたよ。
石坂版は結構よかったと思う。木下忠司メロディーにもぴったり来るし、オープニングもかっこよかった。
助さん角さんが書生みたいだ、という意見も聞かれたけど、若々しい感じでよかった。
今から夕飯の買い物に行くので、今日は無理だけど、明日からしっかりチェックしようっと。

それにしても木下忠司サウンドはいい。
水戸黄門のBGM集ってでてるかな?特捜最前線ならあるんだけど。
特捜最前線放映中の一時期、水戸と楽曲作成時期がかぶってて、そのころの特捜のメロディーに黄門の影が出てきてるのもまた面白いところ。

と、夕飯なににするかなぁ。決まらん。

頭に浮かぶのはどういうわけか、怪奇大家族の曲だし。
らららら~ら、らら~。

http://www.tv-tokyo.co.jp/kaiki/index.html
[PR]

by denjiroo | 2004-10-18 16:24 | 日記  

台風と運動会

昨日は台風が来た。
どうやら台風22号は東京湾を横切って言ったらしく、亭主曰く「アクアラインのあたりを通っていった」という。
22号はなにか荷物でも運んでいたのか。
しかし、被害も甚大だったようで、まことに残念な限りである。
庭のハナミズキがぐわんぐわん揺れ、隣の家の屋根にバケツでたたきつけたように雨が吹き付けるのを見る分にはエキサイティングなのだが、それだけですまないのが、台風である。

台風が東京付近を通っていったのは大体六時ちょっと前ぐらいだったようだ。
昨日は衣替えをしていたので、二階にある物置にしてある部屋と、一階のタンスのある部屋を行ったりきたりしていた。
その間に台風は来て、そして去っていったのである。

先日、冬物に防虫剤を仕掛けておかなかったために虫が大量発生していた関係で随分とたくさんのセーターを捨てたのだが、昨日再び確認したところ、残りのセーターにも、小さな穴が開いているものが確認された。
姑の服が大量に残されていたのだけど、それも、いい具合に半減した。

主人曰く、我々が思い出としてとっておいても、子供たちの代になれば、それがなんだったかわからなくなる。わかっている者がいるうちに処分しておいたほうがいいとのこと。

そのお言葉に従い、さっぱりあっさりと処分をした。

で、昨日は本来なら息子の運動会だったのだが、台風のため中止。本来なら、通常授業になるはずなのだが、台風接近により休校。
今日は台風一過で晴天に恵まれると思いきや、曇り空が続き、時折ぱらぱらと雨が降ってくる始末。それでもなんとか、運動会は無事終了して、息子の属する白組の勝ちとなった。おめでとう。

しかしまあ。
体育の日は、晴れの特異日だったはずなのに。やっぱり、なんだか、最近変だな。
[PR]

by denjiroo | 2004-10-10 15:58 | 日記  

SWING GIRLS

今日は都民の日で休みだった。
先日の水曜日に、見に行こうと思っていたのに台風来襲の為に実現できなかった
スイングガールズを親子三人で見に行った。

思うに、去年の今ごろはロボコンを、娘と一緒に見に行った。
そもそも、その時は娘が「釣りバカ日誌」を見たい!と言い出し、適当にお台場「シネマメディアージュ」に行ったところ、案の定というか、釣りバカは松竹、メディアージュは東宝系だったため、断念。代わりに何を見ようか、と聞いたところ「ロボコン」!と即答。
ちなみにそのとき、娘は五歳。
ロボコンに大変満足し、続けて正月にはゼブラーマン。春には下妻物語と、ずいぶん年の割に大人っぽい作品を好むので、娘の将来が大変心配楽しみなのである。

で、今回のスイング、、は、当初はジャズ好き小学二年生の息子のリクエストによるものだったのだけど、出発直前に「やっぱりいかない」と駄々をこね始め、更に「やっぱりハットリくんにする!」と言い出すしまつ。娘は納得いかない様子でしぶしぶハットリくんを承諾。

で、今日は台場はめんどくさいのでキネカ大森に向かった所、ハットリくんの上映時間を勘違いしていたことがわかり、到着十分前に始まっていたことが判明。
キネカ大森は宣伝時間が短いので、到底無理。
娘はスイングになって大喜びしてました。

劇中でテナーサックス鈴木友子ちゃんの妹がプレイしてたスペースチャンネル5のテーマ曲。
我が家にはドリームキャスト版があるわけですが、あのテーマ曲が、まさか最後に流れようとは、、、。

メキシカンフライヤーという60年代のナンバーだったんですね。知らなかった、、、。

映画自体の評判は二つに分かれてるようですが、私はこういうタイプの話は安心して見られるので好きです。
やたらはらはらしたり、悲劇的だったり、べたべたした恋愛物は苦手です。
さわやかな青春物とか、小学生の冒険談みたいなのは大好きです。
あと、最近のゴジラのような人間の科学力VS怪獣というのも好きです。
科学と冒険と努力と音楽。あと、子供が死なない。死に別れの結末が無理やり入れられてない。恋愛色が強くない。こんな所ですかね。
今年、私の中でHITしたのは今のところ、スイングと下妻物語、それにディープ・ブルーです。
まだまだ年末にゴジラが控えておりますが。
[PR]

by denjiroo | 2004-10-01 21:45 | 映画