「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

長い散歩

自慢じゃないが、相当の方向音痴だ。
一昔前に、女性の脳は地図を読めないとかなんとかという話が流行ったけれど
私の場合は地図を読めないとかいうレベルではなく、東西南北、左右等、方向の感覚がつかめない為、
そもそも地図をどの方向にむけたらよいか、わからなくなるのだ。
それでも太陽が出ていれば何とかなるのだけれど、今日みたいに曇っているともうダメ。

ところで、前のエントリーに書いた通り、チェリーは体力も持久力もあり、更に決まったルートを外れても平気であちこちに行こうとする好奇心旺盛な性格でもあるため、あらぬ方向にドンドン引っ張っていこうとする。

問題)この一人と一匹が、ちょっと遠出をしようとするとどうなるか。

答)迷子になる。

携帯のアプリで地図を出したのだけれども、どの方向に歩いていったらいいのかわからない。
今日はお昼前に武蔵小山商店街まで行って、余裕があれば林試の森に行こうと思っていた。
元々は林業試験場だった広い公園だ。普通に歩けば武蔵小山商店街から十分ぐらいで着く。
武蔵小山商店街の店先でも販売しているパン屋さんでお昼も調達した。公園で食べるつもりだった。

チェリーは行きたい方向にドンドンひっぱる。私は以前の記憶を頼りに歩く。
記憶が曖昧なせいで、まったく見当違いの方向に行く。
気がつくと目の前に五反田のビル群が見え、広大なお墓が広がり、どうやら桐ヶ谷の火葬場も近いようだ。
地図を見るとまったく見当違いの方向に向っていた。
それでも、そこからどの方向に歩いていったらよいかわからない。わからないが、五反田と反対方向であろうということは想像がつく。
それから更にフラフラと歩き、GPSで現在地を確認し、道沿いにある周辺図も確認し、途中の児童公園でパンも食べ…なんとか元の武蔵小山商店街に辿りつけた。

そこからまっすぐわき目も振らずに中原街道をひたすら歩く。
途中、物凄く鼻息の荒いパグが後ろを散歩していたがチェリーはこの犬が嫌だったらしく、物凄い勢いでわき目も振らずに急ぎ足。
このパグが居なくなったら、また脇にそれて、家とは違う方向に行こうとし始めたが流石に疲れたのでリードで制御してまっすぐ帰宅。およそ一時間半の散歩になってしまった。
水を飲んだり牛乳を飲んだりした後、しばらくグウグウと寝ていたので、元気そうでもやはり疲れたのだろうと思っていたが…
夕方に娘が友達の犬と散歩に行くといってリードを手にしたら飛び上がらんばかりに喜んで、意気揚々と散歩に出た。
犬の一歳って、こんなに元気なものなんだろうか。
[PR]

by denjiroo | 2011-07-22 23:23 | 日記  

イヌの散歩と内臓脂肪

チェリーがきてくれたお陰で、かなり内臓脂肪が減った。
BMIはまだまだだけど、タニタの体重計は、内臓脂肪が完全に標準値まで下がっていると表示してくれる。
それと、寝坊する事もあるのだけど、長い眼で見ると、以前にくらべて起床時間が早くなっていると思う。
そもそも。
四月に娘が私立中学に入学した事により、登校時間が早くなって、起床時間も早くなっている。
チェリーが来たのが六月だから、早起きの下地ができていたのが良かった。
夫は毎朝チェリーを散歩に連れて行くので、見た目の変化はまだ出ていないが、おそらく私と同様に内臓脂肪に良い影響が出ているはずだ。

起床時間が早いと、一日が長く感じられる。
まだ、時間の使い方が下手なのだけれども、いずれは生活リズムもうまく整うだろう。
油断して二度寝、で失敗するのは回避したい。したいけど。

ちなみに、私がチェリーを散歩させるのは、毎日ではない。
夏休みに入ったので回数は増えたけれども、九月からはまた平日勤務が始まるので、隔日程度になる。
それでも内臓脂肪が劇的に減り、わずかだけれど体重も減っている。
中型犬でもかなりパワーがある。本来、イヌの散歩は人が引っ張るのであって、犬がヒトを引っ張ってはいけないのだが、チェリーを引っ張る状態にするためには、私が全速力で継続して走らなければならない。
故に、しばらく走って、歩いて、また走って、を繰り返す事になる。
歩く時はリードを持つ手が筋トレ状態である。

ずっと猫派だったけれども、イヌもかなり楽しい。
一方的なおしゃべりをしていてもなんとなくこちらに合わせてくれているようだ。そうして床で寝そべって顔を突き合わせて遊んでいると
…何時の間にか二度寝。

バセドー患者にとって、夏は物凄く疲れる季節だから、ちょっとしたきっかけで寝ちゃうというか気絶しているというか。早く秋になーれ。
[PR]

by denjiroo | 2011-07-22 00:07 | 日記