「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

仕事とか

やめるやめる今年一年だけでやめるといっていた都内某女子校、昨日、校長から正式に辞令があり、契約更新無しで決まりました。

…ちょっと荷が重過ぎるんだよね。
私はニッチ専門で、世のマトモな教師が避けるような所とか、病んじゃった先生の替わりとかが割と好きなんで、
進学率を上げたい!とか、生徒数を増やしたい!といった前向きな野望には対応できません。
…いや、出来ないこともないですが、2つの学校同時進行で、それは難しい。

ベテラン(といっても年齢は一回りは離れていない)先生から教材を色々分けてもらったんでそれは助かったんですが。
それが最初からだったら良かった。生徒が教員に絶対的な信頼を寄せている校風なので、ちょっとでもやり方が違うと違和感を感じて付いてこない。
かといって何か意見を言うでもない。
で、その状況を見かねて二学期から助け舟を出してくれた感じでした。

良い学校なんだと思う。生徒は良くしつけられているし、挨拶もちゃんとできるし。
真面目だし、試験前には廊下のあちこちで先生が捕まって質問攻めにされている。
生徒との絶対的な信頼関係を築けなかったのは私の適性の問題だろう。これは間違いない。
[PR]

by denjiroo | 2012-01-28 09:34 | 日記  

指輪

平成六年に結婚したので、今年で結婚18年目となる。
新婚早々、指が細くなった夫は満員電車の中で結婚指輪を落としてしまい、現在に至るまで指輪はしていない。
時々、節目節目で「結婚指輪を」とは口にしてみるものの、結局、新しいものを購入するにはいたっていない。
先日、港北東急に結芽子と行くけれど、何か買ってくるものある?と聞かれたので思わず「新しい結婚指輪」
と言ってしまったのだが、ちょっと嫌味だったろうか。
だからという訳でもないのだが、先日「ソロモンの指環」をアマゾンで注文した。
息子の第一志望の学校の国語の問題でこれが問題として使われていたのだ。
はずかしながら、ローレンツ博士の著作物は40を過ぎてから動物行動学の一巻を読んだくらいで、もっとも有名だと思われるこれは、まったくの未読だった。
出荷しました、のお知らせが今日来たので今夜か明日には届くだろう。楽しみだ。
もっともすぐに目を通して息子に渡さないといけないのだが。ラノベは消費していても、この手の本は読みつけてないから読解問題に苦手意識が生じるのじゃないだろうか。受験まで一ヶ月しかないが、一ヶ月もあると考え、やらないよりやったほうがマシと思うしかない。
日高敏隆氏の訳はすんなりと受け入れやすいと思う。

…思い出した。門さんに、本川達雄先生の本、もっていかれたままだった。アレが読めるんだからソロモンの指環も大丈夫だろう。


※追記:結婚15年目の時には、指輪よりも欲しいからという理由で、植木の剪定用に使う梯子を買ってもらっています。結局、自分もそんなに指輪が欲しい訳ではないんだよね。
[PR]

by denjiroo | 2012-01-10 17:36 |  

2012年です

あけましておめでとうございます。今年は良い年になりますように。

個人的には、息子の大願成就、娘の学業、夫の頭の血管がこれ以上悪くならない、自分の細かいミスが無くなる、両親の健康等々、願いは多々ありますが、
生きているだけで丸儲け、と思ってしまう昨年のような年は勘弁してくださいというのが一番の願いです。

しかし、年末年始、つまらないテレビが更につまらないなあ。
今朝、朝からテレ東で上方漫才をやっていたけれど、演芸番組も少ないし。
お笑いじゃなくて、演芸がみたいのね。ちゃんとした芸になっているのを。今朝の番組では、ロザンが漫才をやっているところを初めて見たが、なかなか面白いじゃないか。法律漫才で30年は食べていけるんじゃないだろうか。ひな壇やクイズの解答をやっているより断然よかった。

BSで寄席をやっている。
地上波よりはBSの方が面白い番組が多い。中高生の頃はラジオで古典落語なんか聞いたりしたものだが、
最近では、唯一聞いているラジオ局はお風呂場で聞くFM(川崎FMに固定されている。動かすとチューニングして戻すのが大変だから)。
ジャズとか懐かしい歌謡曲が聴けるのが魅力ではあるが演芸番組はない。

テレ東、お昼のCSIマイアミの録画予約をしたままほっといた(正確には、毎週予約を解除したつもりでいた)ら、CSIニューヨークがそのまま録画されつづけていて溜まっていた。
昨夜、とりあえずはと見たんだがやっぱりちょっと陰惨というか画面が暗いというか…
残り、見ないで消そう。マイアミだってラスベガスだって殺人現場は陰惨で壮絶だけれども、画面が明るいから。
[PR]

by denjiroo | 2012-01-02 09:06 | 日記