「ほっ」と。キャンペーン

実家の猫事情~猫の里親探し

GW前半、実家に帰省しました。猫のポチもミーちゃんもフクちゃんも、新顔の三代目ブンちゃんも元気そうです。
どれも、放浪の末、とか、野良が生んでしまって、といった経緯。

ポチは、ヒマラヤンというかペルシャ猫というか、そういう長毛種の、本来なら由緒ただしい御猫様だったんだと思うんですが、飼い主が亡くなってしまって、その家族も飼育を放棄→何故か父にくっついて来て我が家の一員に、といった経緯です。元の飼い主がおじいちゃんだったからなのでしょうか。それとも、父は人間以外のメスにもてるタイプなので、それでなのかもしれません。夏は、クワガタのメスが父めがけて落ちてきますから。
ちなみに、ポチという名をつけたのも父です。猫なのに。メスなのに。

ミーちゃんは、昨年死んだクロが生んだ子で、箱入り娘。逃げてしまうので触れなかったのですが、流石に十数才ともなると逃げる気力も失せたらしく、先日、眼一杯嫌そうなそぶりを見せていましたが、なでることに成功しました。クロはチビとミーちゃんを我が家で生んだ元野良でしたが、チビは喧嘩が元のエイズで、クロは老衰で大往生し、今はミーちゃんだけが残っています。

フクちゃんは、流れてきたメスですが、両親にしか懐かず、飼いはじめてからもう何年も経つのに、その姿をマトモに確認できたためしがありません。ミーちゃんと同じ三毛なので、瞬間では区別がつきにくいし。

三代目のブンちゃんは今年のニューフェイスです。チビ以来、久々のオス。母は捕まえてすぐに去勢手術を施しました。
初代が、ぐずぐずとしているうちに、オス特有の習性で放浪の旅に出てしまって行方不明になってしまったことから、その後、オスもメスもすぐに病院に連れて行っているようです。
ちなみに、初代は生まれてすぐに羽村の河川敷に捨てられていたのが、そこから十数メートル離れたところにあった、母の実家のガレージまで自力でたどり着いていたという根性の持ち主でした。
初代が行方不明になって数日、庭に捨てられていたのが二代目で、母が見つけたらさっさと我が物顔で我が家に入ったというつわもの。オスでしたが、小さい頃は凄い噛み猫でした。腕に逆さにぶる下がっても落ちないという。
これは大分長生きしてくれました。

で、三代目の兄弟猫の一匹が外の猫小屋(本来は、我が家の猫が外に出っ放しになってしまったときの避難小屋)でご出産してしまい、流石の母も、後期高齢者直前の身の上ではこれ以上増やす訳にも行かず。
幸い、先ほど、連絡をとった団体ですぐに里親が見つかりそうとのことで、安心しましたが…。
(この話、多分続きます)
[PR]

# by denjiroo | 2013-04-30 12:30 | 動物  

サンバと演歌と麻雀と



YOUTUBEでサンバと名が付き、尚且つ日本人によるものを集めて再生リストを作ったのだけど
その際に、良く聴かないで上記の縛りに合致するものをかまわず入れていったら、意外な掘り出し物をいくつか発見。
そのうちの一つがこの「居酒屋サンバ」
リズムはサンバだけど、演歌。演歌とサンバってどういうわけか、この組合せが沢山見つかったが
この居酒屋サンバは、聴いていると何故か「、麻雀狂列伝 西日本編」をやりたくなる。
ネオジオとアーケードで出ていて、もちろんネオジオは高額で手が出なかったからアーケードで。
もう二十年以上前になるのだな。多分、もう二度と出来ない。
ゲーム音楽が演歌という、よくよく考えてみたら麻雀物なら当たり前な気もするのに、意外にアーケードでも家庭用でもBGMが演歌というのは少ないという事に気付かせてくれた作品。演歌をバックに、はげちゃびんのおっさんと麻雀を打つ。初っ端から無駄にリアルだった。
知ってる人にしかわからないネタ。
これと「麻雀革命プリンセスリーグ」は、もう一度やりたいのに、二度と出来ない麻雀ゲーム。
プリンセスリーグの方は、システム(パネルマッチ)がそのまま「スーチーパイ」に採用されたし、スーチー独自のものとして認識されている感があるから、今更、リメイクも無理だろうなあ。
麻雀が上がると、役の翻数の分だけカードをめくって神経衰弱をし、ペアが出来たらそれぞれカードに指定されている「一塁打」「二塁打」「ホームラン」等々でベースを回れるという、別に女の子は脱がなくても面白い作品だった(でもちょっとだけお色気シーンは有る)

このところ、パワーポイントで授業準備を、根をつめてやったり、今日は古着の片付けにも手をつけたりで、ちょっと煮詰まっているんだけれど、サンバは良いね、気持ちが晴れやかになる。
[PR]

# by denjiroo | 2013-03-29 21:07 | 音楽  

【妄想注意】もしも電磁郎セレクトシネマという廉価版DVDがあったら

チェリの散歩をしていると、とても暇な時間ができる時がある。
例えば、いつまで経っても草を食べるのを止めない、とか、しつこく匂いをかぎ続けているとか。
そんな時に、ふと妄想が始まる。脳内番組だ。
今日の散歩中の脳内番組は「電磁郎セレクト!ちょっと不思議、カルト未満シネマシリーズ、どれでも1000円から楽しめるお得な廉価版で登場!」というCM。
…そもそも、妄想の切っ掛けは、久しぶりに見たくなった映画のDVDをアマゾンで検索したら、プレミアが付いていて無茶苦茶高かった、という事がしばしばあって、一昨日にも同様の出来事があったから。
見たい映画が廉価版で出てくれたらなぁ…、という希望が妄想へと成長したのだ。

№1「ドグラマグラ」(1988)

渋谷のシネセゾンで見たと記憶。これを見に行くために、同伴者を見つける必要に迫られ、弓気田みずほに「星の王子ニューヨークへ行く」も一緒に見に行くことを交換条件に付き合ってもらった。
DVDが出ていたのをチェックし忘れていたら、プレミアが付いてしまった。
なお、私の密かな自慢の一つは、桂枝雀の噺を、上野の鈴本で直に聞いたことがある、という事だったりする。

№2「妖怪ハンター ヒルコ」(1991)

これはどこで見たか忘れたが、一人で見に行った。当時は船橋ららぽーとの映画館に良く行ったが、ヒルコは都内で見たような気がする。これも、DVDが滅茶苦茶高いプレミア付きになっている。チェックはマメにしないといけない。

№3「妖怪天国」(1986)
http://www.amazon.co.jp/%E5%A6%96%E6%80%AA%E5%A4%A9%E5%9B%BD-DVD-%E6%89%8B%E5%A1%9A%E7%9C%9E/dp/B00005YUYP
動画見当たらず。手塚眞氏のVシネマ。レーザーディスクで持っているのだが、マシンが動かなきゃ見られない。DVDはプレミアが付いて一万五千円位。ロトかトトかジャンボ、どれでもいいから当ーたれ!

№4「ブルークリスマス」(1978)

竹下景子さんが、美しく可憐。それを見るだけでも価値のある映画だけど、ラストの青と赤の血のシーンが泣ける。オールド特撮ファンにはたまらない出演者も多数。
何だか不思議な映画だったが、ビデオレンタル店で見かけた時に、迷わず借りた。多分、岡本喜八監督作品だったからだと思う。そして後悔はまったく無かった。

№5「水のないプール」(1982)

これもレンタルでVHSで。レンタルビデオというシステムには若い頃、随分お世話になった。財布を落とした時、会員証も入っていたので、習志野警察から仙川のレンタル店に連絡が行ったお陰で、警察から連絡が来て助かったこともある。
内容はポルノと芸術の緩衝状態といったところなんだが、ラストの方の、薬品で眠らせた多数の女性を全裸で食卓に着かせて、食事を並べていくシーンがなんとも奇妙な余韻を残す作品。

№6「ELECTRIC DRAGON 80000V」(2001)

子供を義母に見てもらい(というか同居だったし)渋谷のシネマライズで見た。何だか、このときは無茶苦茶な映画を思う存分楽しみたかったんだと思う。難しいことは考えず、感覚に身を投げ出せば、パンクでエレキな世界にどっぷり浸れる。
あの頃は、翌年、義母が突然亡くなってしまうなんて想像もしていなかった。

とりあえず六本。
[PR]

# by denjiroo | 2013-03-16 02:50 | 映画  

時代劇メドレーとか片付けとか、あふれる本とか。



大江戸捜査網の技巧、大岡越前の洗練、銭形平次の粋、水戸黄門のメロディーに潜む郷愁、暴れん坊将軍の勇壮
時代劇の曲は名曲が多いですね。
水戸黄門の木下忠司氏は特捜最前線の音楽も手がけておられますが、サントラを聴くと、ところどころ、水戸黄門風のメロディがあったりして、なんとも不思議な感じです。


四月から教える科目も学校も変わります。すっかり荒れ果てた部屋を片付けたり、勉強したり。
増えた本に対応するために本棚を二つ組み立てましたが、もう一杯になりそうです。それでも雑誌類とかは随分捨てたんですが。ゴミ袋二袋分。
[PR]

# by denjiroo | 2013-03-07 15:32 | 音楽  

MXの視聴者にはおなじみの…

海外版、日本アニメの曲を探す労力というか気力が尽きてしまったのでハーブオオタ(オータサン)氏の曲でリラックスしましょうか…?ん?この曲は…




東京MXTVの天気予報で使われていた曲ですね。
どうしても、どこかで聞いた気になる曲を探してしまうのでした。
ウクレレ…壊れてしまったので直さなくては。
[PR]

# by denjiroo | 2012-12-25 22:39 | 音楽  

日本アニメ現地版主題歌特集~アメリカ編



ハム太郎のアメリカ版VHSを旦那さんが頼んだ事があって、家族全員で見ていたら、一緒に収録されていたのがこのアメリカ版セーラームーンの主題歌部分。かっこいい&アメリカっぽい感じで好きですね。



…と、はじめてみたものの、これ以降、いい感じのがさっぱり見つからず。
アメリカさんは、そのまま流しちゃう方式が多いのか。
見つかり次第、再編集で追加していきます。
[PR]

# by denjiroo | 2012-11-18 22:55 | 映像  

日本アニメの現地版主題歌特集~イタリア編



まずは「はいからさんが通る」 ずいぶんほんわかとした主題歌に変更。たぶん、イタリア版。




つぎは「女王陛下のプチ・アンジェ」これもイタリアバージョン…そうか、イタリアだとアンジーって読むのか。



イタリアン「ひみつのアッコちゃん」や「キャンディキャンディ」などがまとめられた再生リスト。イタリア人って日本のアニメが好きなのね。そういえば話題になった実写版ルパン三世もイタリアだった。



「名犬ジョリィ」流石にこれは、改変したらアホだ…。

というわけで、イタリア編でした。(続く…のか?)
[PR]

# by denjiroo | 2012-11-18 22:23 | 映像  

職場探し

今のところに三年いて、今年度で最初に受け持った生徒が卒業するので、当初考えていた通り、次の職場に移ることに決めました。
とは言っても、まだ見つかってませんが。
最初の年が終わる頃に「これで辞めたら、生徒がつけあがるよな」と思って、とりあえずは卒業まで、と決めていました。
それに、ちょっと遠いのと、最近、体力が落ちたのか通勤だけで疲れて家事に支障が出ること、それに、人間関係のしがらみの蓄積等、理由はいろいろありますが、息子の受験も終わったし、しばらくはお金の心配をしなくても良くなったし、物欲も本とCD以外は減ってきたし、徐々に仕事を減らしていく良い機会ではあります。
この前まで、教員の派遣・紹介の会社一社とメルマガで教員採用情報を送ってくれる会社二社に登録していましたが、更に一件、登録することにしました。それと私学協会(今年は体調不良で適性検査は未受験ですが、登録だけはできました)
今度は妥協しないで、なるべく近い所にします。
それでも、理科の主任に頼まれたらずるずると今のところにいるかもしれないなぁ。
次が決まるか、主任が早いか。来年度は今いる理科の専任教諭が一人退職、主任も再来年度には退職、一人残る教諭にも学校側とうまくいっていない事情有。
今年度限りで退職の先生が、先日、体を壊して入院してしまい、来年まで休職になったので、その補充に非常勤が一人入りましたが、それでも足りないので、もう一人の非常勤と2コマずつ分担して、現在、週20コマです。
常勤講師並みの労働ですわ。新しい専任教諭は見つかるのかなぁ。そしたら心置きなく次が探せるんだけど。
[PR]

# by denjiroo | 2012-11-09 08:11 | 教職関連  

ブログの未来

ったって、大した話じゃないです。どうしてもツイッターとフェイスブックの頻度が高くなるんですよ。
ブログの更新が滞り勝ち、コメントを頂いても返信が遅くなり勝ち
そんな感じですが、ブログ独自の使い方について模索する必要が出てきました。
[PR]

# by denjiroo | 2012-09-30 23:12 | 日記  

娘がけいおん好きなんで …あのテーマの元ネタ

娘が平沢唯とかのポスターを貼っているので、なんとなく、前々から気になっていた平沢進氏を色々チェックしてみたわけですよ。
そうしたら、この曲が平沢氏の別名義の作品だということがわかったのであります。
そういやテクノだったよ、これは。

ただ、YOUTUBEのコメントを読むとこれはカバーバージョンらしい。

テクノを使ったテーマ曲、でもう一つ思い出したのが「パソコンサンデー」のOP。

これは姫神せんせいしょんの「奥の細道」収録のGun-Do という曲。

ビリージョエルのマイライフの出だしのアレンジも番組内で使われていたとのこと。

[PR]

# by denjiroo | 2012-09-08 20:58 | 音楽