怠惰な日々 思い出す日々

昨夜もなかなか寝付けず。今朝、スッキリを見ながらいつの間にか転寝をしていた。
特に何をする事もないのに、ふくらはぎが筋肉痛になっている。寝ている間に無意識に力をいれているらしい。

携帯のSDカードにビリーバンバンの曲を追加しようと思い、メモリを確認したらデータでパンパン。
98パーセントになっていたので、画像データを全てPCに移した。
何処にマイクロSDカードが入っているのかわからないので仕事中の夫にメールで確認。
無事にデータを移す事が出来た。
ところが、こんどはドライブの私のデータ用の割り当て部分も画像で膨れていると警告がでたので
古い画像を圧縮するという項目をチェックしてクリーニング。
普段から色々とだらしないのでこういう所でも家族に迷惑をかけている。
先日の母の日は、小5の娘が台所を綺麗にしてくれた。
まるで、亡くなった姑が乗り移ったかのように。
全てにおいてだらしなく整理整頓ができない私の為に、ありがとう。


本日は雲行きがあやしいので亀は干さず。そっとしておいたらこっそり水遊びなどしていたようだ。
乾いていたはずの石が濡れている。毎朝十時ごろに水をかえているのだが、今日はしばらく様子見。
頻繁にかまいすぎるのもいけないのかもしれない。ずっと見張っていると石の上でジッとして動かない。

一月程前、テレビのアンテナが風で曲がった。
もう一度強い風が吹いたら直るんじゃないかと思って(面倒だから)電気屋さんには頼まないでいた。
本日、夫よりおそらく三度目の要請。
電気屋さんが入っても恥ずかしくないようにある程度部屋の中をこざっぱりさせておかないといけない。

頼んでおいたすぎた君と若桜木氏の共著「小説キャラクターの創り方」が届く。
欲しい本がなかなか見つからないという事もあって、リアル書店には殆ど行かなくなった。
最寄の書店はいずれも歩いて十五分以上かかるという事もある。
そんな人間が小説の教則本を読むというのもどうかと思うが、すぎた君の著作物で手に入るものは集めているのだから仕方ない。
大学のマンガ愛好会で一緒だったからというのはもちろんなのだが、
それ以上に、その頃彼が書いていた同人誌の作品を読んで以来のファンなので。

女子寮で同室だったルカと同じ少林寺拳法部にすぎた君が居たからそのルートで知り合いになって、それから同じサークルに入ったんだっけ?
すぎた君は一見かなりおとなしそうな人間に見えるが、実際には少林寺の段持ちなので、うっかりカツ上げでもしようとしたらどうなるかわかったもんじゃない。歴史マンガの原作以外に格闘技のコラムも手がけているというのも本人の実態を知っていればうなずける話である。

そういえばマイコン同好会にも何人かその手のタイプのがいた。
一見小太りのヲタクだが、よくよく観察すると首が太いのは脂肪じゃなくて筋肉。
その容貌ゆえカツ上げに会うこともしょっちゅうだが、相手の運命は推して知るべし。
マンガだとベタ過ぎるキャラかもしれん。

マイコン愛好会とマンガ愛好会。時々合唱団の手伝い。
高校の時に美術部と自然科学部とアニメ同好会に入っていたときと同じだ。
今でも定職につかずにバイトの掛け持ちをやったりPTA活動に参加したりとアチコチに首を突っ込んでいる。
そして収集がつかない。
[PR]

by denjiroo | 2009-05-19 12:06 | 日記  

<< 息子のギャグセンス~あつまれ!... カメノフ >>