マツダで泣いたりとか免許とかの話(妄想あり

ようこそ、黄色ナンバー!

昨日の納車&さよならデミの輔イベントは、実は前日まで予期してなかったこともあって
心構えができておらず、マツダのディーラーで担当を待っている間、少し泣いてしまった。

ココまで涙もろいのは自分でも困っているのだが、出てしまうものはしょうがない。


さよならデミオ。君の購入資金は私名義の貯金だ。
三年間頑張って走ってくれてありがとう。


今度のAZワゴンはつぶれるまで乗ってもらうという約束になっているので
頼めば少しぐらい内装はいじらせてもらえるだろう。

松田の担当のお姉ちゃんに「奥様は運転なさらないんですか?」と聞かれたが
私は極度の近視に乱視、更に多少視野が狭いという三つの問題を抱えているので
四輪の免許は取れないし、とっても神経をすり減らすだけだと思うので取得予定無し。

でもホンダのキャノピーには乗ってみたいので死ぬまでに原付免許を取りたい。
キャノピーの屋根付きでツーリングなんて楽しそうじゃないか。
後ろの出前用ケースに荷物を積み込めるし。痛い装飾を施して※1痛バイにするのもいいね。

※2痛いのは憧れるんですが、なかなか技術と資金と勇気が伴わない。
(※1痛車 痛チャリがあるのに何故痛バイは見かけないのだろう…)
(※2痛い電話 痛電を作った事はあります。)
[PR]

by denjiroo | 2009-10-05 15:40 | 日記  

<< アラフォー世代に捧ぐ 擬音祭(ネタイラスト)  >>