東邦大学理学部60周年記念祝賀会

もう昨日のことになってしまうのですが、大学の記念行事で同窓生が講演を行うというので習志野まで出張ってきました。
今回の記念講演は全部で三名。
女子理専時代の卒業生であり、化学科の教授を長年務めていらした大森禎子氏による、大気中に含まれる硫化物による樹木の立ち枯れに関する講演
同期の斎藤敦子氏の習志野キャンパス21年間の思い出と同氏の環境圏学科での研究テーマに関する講演
(ある環形動物がその体内に、環境汚染により沿岸部に蓄積されたある種の芳香族を体内で濃縮→排出し、その糞の中の芳香族の濃度は時間の経過とともに低下するという発見等)
名誉教授であるアホーカス氏による自然環境におけるTOXICに関する講演

その後、学生会館にて懇親会。
懐かしい人、十数年ぶりに合う人、退職なされた先生方等とお話をしつつ、立食。

マイコン愛好会時代の知人とも十数年ぶりに再会し、懇親会終了後、渋谷のお店で終電ギリギリまで話をしてきました。
物理の博士ですが、十数年ぶりでも相変わらずでした。


そのお店でもらった馬のタンを分けてもらったのに今気づいたので冷蔵庫にしまってきます。
[PR]

by denjiroo | 2010-06-13 01:29 | 日記  

<< はやぶさからのメッセージ 一つ書いたのだが >>