ワクチン中のチメロサールと海洋性の魚類と

引き続き、チメロサールが体内で分解された結果生じる、エチル水銀について。
横浜市衛生研究所のHPに詳しい解説が乗っていました。
増補しながら書かれているせいか、最初は関連性について、否定はしないが自閉症との関連性を示唆するような記述。やがて、2004年の段階では関連性がないと否定、後半は、海洋性の魚類にも多く含まれているため、妊産婦は気をつけるようにという内容。
そのまま、チメロサールの歴史を辿るような内容となっています。

この項を書いていて思うのは、親心の複雑さというものであります。
わが子の疾患が遺伝性であれば、わが身のDNAを呪うでありましょう。しかし、実はワクチンのせいだったら…。自分のせいじゃないとしたら。これはすがりたくなるのも無理はないかもしれません。
元々、チメロサールに対する提訴も、そんな親心から始まったものでした。

残念ながら、チメロサールが使われなくなったアメリカでは、その後も自閉症患者は増えているそうです。
また、自閉症については、ある種の化学物質を作る遺伝子の欠損によって生じるものであることが明らかになりつつあります。
してみると、鬱病と同じように、不足している物質を投与することで症状の緩和につながるかもしれません。
また、特異な能力を持つことから、彼らの得意分野を早期からトレーニングし、社会的にも大きな役割を担えるようにするプログラムを行っている団体もあります。

チメロサールの問題から見えてくるのは、単なる医療の問題ではなく、何とか子供を守りたいという親心と、それが誤った方向に向かうことで、かえって事態を悪くしかねないケースもあるということ。
つまり、予防接種が行われなくなることでせっかく押さえ込んだ疾患が再び勢力を盛り返す可能性があるということなのです。
実際には、魚から接種するエチル水銀の方が多量であっても「天然」「自然」に惑わされるのは、愛情ゆえですか。それでいいんですか。
[PR]
by denjiroo | 2013-11-26 16:39 | 科学

これまで、日々の雑感を書いておりましたが、鑑定士になりましたので伊勢流五行陰陽学に関連することも書いていきたいと思います。


by denjiroo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31