サマーランド

で、昨日は帰宅後色々あったのでブログかけず。
具体的に説明すると「父のパソコンにスパイウェアがギッシリ詰まっていたので削除作業に没頭」していたのです。
いやーびっくりしました。

で、本題。
例年、サマーランドにゆっくりと出かけて、空いているロッカーを探すのに一苦労したので、今年は早めに出ることに。飲み物代も馬鹿にならないので水などを前日に用意し、簡単な食料も携帯し…と、やっていたら、やっぱり予定より遅く出発する羽目に。それでも九時半というのは驚異的な数字。九時OPENだし、そんなに人はいないだろうとたかをくくってたのに、駐車場はすでに満車。まあ、父が送り迎えしてくれるので駐車場は関係ないんですが。
実家からサマーランドまでは、がんばれば歩いていける距離だしね。

秋川はあいにくの曇り空。予報では午後に雷雨の注意報も出ていたので、早めに切り上げる予定で、まずは軽く波の出るプールで流されてから、外の流れるプールへ。
後で知ったのですが、春に行った大規模な改装で流れるプールが長くなっていたんだそうで。
流れているぶんにはあまり気がつかないですけど。

で、浮き輪争奪戦などしながらぐるぐると十数周してから、ひっくりかえる大樽がある方へ。
張り紙がしてあります。えーっと「大樽の調整の為本日は水が流れません」ありゃま。
ドーム内にももう一つ樽があるので、そちらをご利用くださいとのこと。

で、そこのお子様向けプールでしばらく過ごしたんですが、だんだん寒くなってくるのです。
気温が上がらない上に、お子様向けでは体を動かすこともままならず、体が冷える一方。
なので、なんとか子供を説得し、ドーム内へ。
お昼だし、持ってきた食料を食べようとしたんですが、食べる場所が無い!!
しかたがなく、レジャーシートがギッシリひいてある隙間に座り込んでそそくさと詰め込みました。
その後、四階に無料休憩室があることが判明。しまった…。すごいがらがらです。
来年は真っ先にここにきてお弁当にします。
ちなみに、その場所はなんか見覚えがあるので、記憶の底を探ってみたところ、はるか昔に農業関連の展示会とか何かの放出品のセールの会場になっていた場所でした。
舞台がそのまま放置されていたので今でも普段はイベント用会場なんでしょう。
ミツウロコの豆炭とか売っていた記憶が…。

で、そのイベント会場を利用した無料休憩室であまりの広さに不安を感じつつ休憩し、再び屋内の波のでるプールへ。
上のほうで何かが光りました。続いて、芋を洗うような喧騒の中でもはっきりと聞き取れる雷鳴。
どんなに疲れていても今帰るのは得策ではないので、かなりグロッキーでしたが、なんとか子供に付き合って、波に流されていました。一時間も待っていればすぐに終わるのですから。

今回は激安なフリーパスを手に入れたので乗り物にものれます。でも、この天気のなかフリーフォールだの観覧車だのに乗ったら、命がいくつあっても足りません。
ですので、屋内施設の「黄金伝説」と「みらーめいず」の二つだけ、遊んできました。
黄金伝説という看板とはうらはらに、貸しサンダルにも説明の看板にも「スリラーカー」の文字。
怖い系であるのは明白なんですが、それがばれると結芽子が断固拒否の体制に入ってしまうので、なんとかごまかし、乗り物に乗車。チープなお化け屋敷が全自動で脅かしてきます。
娘は最初から私のひざに顔を埋めっぱなし。何しに乗ったんだ?と言うくらいの徹底的な防御。
それでも何もない場所では、顔をあげさせました。ドーム内が一望できる場所があったので、そこで、声をかけました。
そのあとは鏡張りの迷路へ。最後がポケモンフラッシュを起こしそうな光の点滅で、こっちのほうがよっぽど恐ろしかったんですが、二人はたいそう気に入ってしまい、出口から入り口に直行して続けざまに二周していました。

帰宅後、ぐったりする様子もなく、こりゃもうちょっと動かさねばだめだったのかとがっくりしましたが、布団に入ったとたん、気絶するように寝てしまいました。やっぱり疲れていたんですね。
[PR]

by denjiroo | 2006-08-13 13:46 | 日記  

<< 父 大人気 帰省しました >>