36歳の初投稿

小学館の新人コミック大賞に応募してみた。
第59回の。
駄目もとで、出さなきゃ何も始まらないので(出しても何も始まらないという可能性の方が確実に高い)
こんなこと、わざわざ書く必要もないんだけど、中学受験の時も、隠さないで堂々と言いふらしてたんで、背水の陣で挑んだ方が、今後、引っ込みがつかなくなっていいかなとか何とかかんとか。
まあ、そんな感じで。
今、そうめんをゆでているんだけど、油断したら吹きこぼれるので、超速タイピング中。

なぜにそんなことをするか?
それは追い詰められないと始められない性格だから。
トラックバックURL : https://denjiroo.exblog.jp/tb/5513376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blab at 2006-08-19 21:01 x
新人…
そう聞いて、気を失いそうになりました。
私の部署にも「新人」がいます。


Commented by カミムラ at 2006-08-19 21:02 x
おれなんかは、出しても何もはじまらないとか、描いてなんになる?とかマイナス思考になってしまいがちです。が、人がすると「おっ!やってる!すごい」と思うのです。という事はそういう事をやりたいという気持ちがあるという事かもしれません。
Commented by denjiroo at 2006-08-19 22:46
blabさん>…新人って言ってもクロマニヨン人だったり…新人って何歳まで許されるんでしょうか?
カミムラさん>正直言って、カミムラさんを差し置いて…って気持ちはあります。専門的な勉強もしたことは無いですしねぇ。青木雄二氏が先鞭をつけてくださったことだし、かなり年齢が上がってもデビューは可能だと思います。青年向けは30代後半の投稿が確実に増えているそうですし。お仕事、お忙しそうですが、合間を縫って是非。社会経験がある人ならではの作品作りというのが十代でデビューしてしまう漫画家と差をつけるポイントだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by denjiroo | 2006-08-19 12:10 | 漫画 | Trackback | Comments(3)

これまで、日々の雑感を書いておりましたが、鑑定士になりましたので伊勢流五行陰陽学に関連することも書いていきたいと思います。


by denjiroo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28