猿島でサルまんOFF そにょ2

ああ、油断している間に他の参加者のブログがどんどん出来上がってトラバされていく…・
b0001619_9501288.jpg
…前回の続き。
猿島で道に迷う、永田、黄海さん、大阪から夜行で来た方、烏龍茶の赤いTシャツの方、総勢四名は、先にサインを終えて下りてきたnomadさんの「上でやってたよ」の言葉を頼りに、一路島の上へ。
弾薬庫跡などがある道を進みトンネルを抜けるとそこは…
分かれ道。

さて、どっちに?
http://www.sarusima.com/
えーっと、上記リンク先の地図を見てください。結局展望台広場に行ったり、お台場跡に行ったり、ほぼ全域を回った挙句、地図でいうと一番左端の古代住居跡に行く手前の部分で行われていたサイン会会場にたどり着くことができました。

整理券(白井取締役の顔の模様及び型押し付)20番を手にし、ドキドキしながら順番を待ちます。
竹熊先生「あ、永田さん?」
ぅわーい、覚えていてくださったんですねー。

あらかじめアマゾンで購入したサルまん愛蔵版上下の下にマカマカを忍ばせ、いざ、サインへ。
かくしておいて、そーっと、相原先生にお願いするつもりが、隠しきれておらず「あっ、それが」
うわー、あっさり、見つかってしまいました。

よろしいんでしょうか?と伺ってみると、快くサインを引き受けてくれる相原コージ先生。
初めてお会いしましたが、とっても素敵なお方です。
竹熊先生も変わらずかわいいテディベアなお腹とモノポリーの伯父様のような貫禄あるお髭でした。お話したいことは山ほどあったのですが、またもやテンパってしまい、訳のわからないことを口走ってしまう始末。ああ、この変な緊張癖、どうにかならないものでしょうか。

その後、nomadさんたちが待っているバーベキュー会場で、おいしいお肉をありがたくいただきました。焼くのも、火をおこすのも全て人任せ。
だって、奉行やら大臣やら、何人もいらっしゃるんですもん。
サイン会場から、竹熊先生もやってきて、早速、肉攻めにあっておりましたが、次の撮影会の為にすぐに戻っておしまいになられました。

まずは第一弾として、バーベキュー組の半分が撮影会に。私は戻ってきた人たちと入れ替わりに撮影会へと向かったのです…。
[PR]

by denjiroo | 2006-09-14 09:51 | 漫画  

<< バトン 猿島でサルまんOFF!! >>