赤塚不二夫のまんが入門

小学校低学年の時にタイトルの本を購入した。
まだ秋川駅が西秋留駅で、西口商店街にはそこそこ活気があった頃、
あきがわ書房、という本屋が商店街の外れにあり、そこでしょっちゅう小学館の
入門百科シリーズを買っていたのだが、これもその中の一冊。

この本で、デフォルメ、ラフデッサン、模写、というものの存在を知った。

思うに、未だに私が模写、というか、この本の中では盗作まんが、という表現になっているのだが、それを知り、実践し、未だに、自前の絵より、模写のが上手いような気がしているのは
良くも悪くもこの本の影響が多いに違いない。(あまり公言したことは無いのだが、今まで生きてきた中で、一番絵が上手かったであろう時期には、はやせ淳先生の絵柄などは見ながらなら一発でトレス無しで書けた。今でもある程度練習すれば、物真似はかなりいけると思っている)

それから、薔薇の書き方を教わったのも実はこの本から。
当時、黒板に書くと、女子に結構受けたような記憶がある。
ただ、少女マンガ的な薔薇の絵は未だにかけないのだが。

余談だが、仕事の合間に、リボンでオールドローズを作っている。
おしゃれ工房に紹介されていたものを、アレンジしたりしてもう幾つも作ったのだが
結芽子やその友達に、随分持っていかれた。
でも、今日も、十個以上作成。帽子飾りくらいにはなりそうだ。

枯れない薔薇。絵の薔薇とリボンの薔薇。
枯れない漫画。赤塚漫画。
[PR]

by denjiroo | 2008-08-05 21:14 | 漫画  

<< 門さんの初作品 マップス >>