死の赤いリング

またもや出てしまいましたよ。XBOX360の死の赤いリング。
去年もそれでうちの箱入り娘ちゃんは修理工場行きになったのでした。
病弱な360ちゃんもこれで無事、健康な娘に…と思っていたのに。
残念な事に、病は完治していなかったのでした。

検索してみたら同じような事例が結構あるらしいのです。
修理に出したのに、また赤リング発生という事態が。
なんだかなぁ。初代の箱君はアレだけ傷がつくの何のとヤイヤイいわれながらも
いまだ壊れもせず、ソフトを駄目にすることもなく現役なのに。
360ちゃんは病弱なのは色白だから?箱君が丈夫なのはたくましく日焼けをしているから?
360ちゃんだとソフトが駄目になるケースが発生したのは、病弱ゆえについ傷つけるような発言をしてしまうからなのかしら?
だからってニューザック島に行けなくなるようにしちゃうのはやりすぎじゃないかしら。

ちなみにXBOX360ユーザではない方のために補足いたしますと、360は電源スイッチの周りに状態によって光るリングがあります。クワドラントという名前がついております。リングは四分割されており、状態によってそのリングは光り方が変わります。
通常は緑色なのですが、赤い色に光る事もあり、その赤状態でも四本のうち、どれが光っているかによって、異常の種類が判別できるようになっています。
工場送りになる、通常「死の赤いリング」とよばれているものは、リングライトが赤く光り、横置きにしたときに、右上に見える場所だけが欠けている状態を意味します。
この状態では自分ではどうにも対処できないので、即、工場送りとなります。
購入時に入っていた箱が必要になりますので、安くなったし、これから360を買おうという方は箱は捨てずにとって置いてください。

これを書きつつ、サポートページ読んでいたんですが、なんか前回とちょっと様子が違うっぽい。電源を入れると電源の方のライトが、正常を示す緑になってる!前回は赤だった気が。
サポセンに電話するしかないか。
[PR]

by denjiroo | 2008-09-11 15:44 | ゲーム  

<< ほぼ一年ぶりにHPの方に手をつ... 子供が面白がるものってなんだか... >>