大岡山まで歩いて古書店を散策してみた

来年は39歳。
平均的な寿命を全うできるとしてあと40年。ほぼ折り返し地点まで来た事になる。
これまで、趣味や仕事で集めた本を元に、何年か前から暖めていた計画を実行に移す事にした。本来は、漫画にして持ち込むつもりだったのだけど、そうなると絵の資料集めが膨大になるため更に長い時間と費用がかかるので、まずは手近な所から初めてみることにした。
いくら頭の中でこねくり回していたって、形にならなきゃただの妄想だと思うので。

具体的な計画はというと、家にある科学者の評伝をまとめるという作業をするつもり。
中学の図書室で手に取ってからウン十年、やっと手に入れた「エピソード科学史」や、大学の授業で使った科学史の本、それに教員時代に参考にした本。
その後も趣味でちょこちょこ集めた本をあわせると少しばかり形になるかもしれない。

このところ、大岡山にあるヒルマというスーパーが気に入っているので、週に一回の割合で数十分かけて歩いて行っている。
大岡山には東工大があるので、周辺の古書店には当然、使わなくなった教科書が並んでいる。
先日、以前から気になっていた古書店を覗いてみた。
東工大は工業大学なので近所の古書店も当然のように機械とそれの周辺の学問の本が圧倒的に多いのだが、あそこの大学にはゾウの時間、ネズミの時間、で有名な、歌も歌っちゃうあの先生がいるせいか、生物系の本も結構あった。科学史関連も多数確認したけど、高いので様子見。
しかし、その古書店の大部分は仏教系の本だったのが謎。
昔、別な場所にあったのが、その後移転してきたのだろうか。
聞く気はなかったので未確認。

なおもう一軒、商店街の中にあるほうの古書店はドカベンスーパースターズ編が充実している。
こちらも要チェックだ。
[PR]

by denjiroo | 2008-11-04 16:44 |  

<< 整理整頓が出来ないので反省 ラノベがバブル崩壊だとするとケ... >>